広島県のアルバイト

広島県では、2014年度に少子化対策の一環として県内の未婚男女を対象に結婚支援を行うWebサイトの構築を計画しています。

未婚者や、社員の結婚を応援してくれる県内企業などに登録してもらうことを予定しています。

このWebサイトでは、婚活イベントなどの情報を発信したり、企業間の合コンの仲立ちをします。

広島県では、結婚を希望している県内の独身男女に交流の場を提供して成婚まで支援していくことにより、最終的には出生数の増加につなげたいと考えています。

従来の対策というのは、出産や育児がしやすい環境整備が中心でしたが、視点を変えてそもそも結婚数を増やさないことには危機的な状況は打開できないと判断しています。

目標は3年後に成婚50組としています。

このWebサイトの運用開始は7月ごろを予定しています。

予想では個人は数千人規模、企業は数十社を見込んでします。

運用開始前に異性の社員が少ない企業などにこのWebサイトの存在を働きかけます。

企業の登録に当たっては、未婚社員の恋愛および結婚の世話をする相談役や推進役を用意することを要件とし、サポーターの養成研修も行います。

またブライダル会社などの協賛を募り、会員同士が結婚した場合には記念品を贈るといった特典も用意します。